• TOP
  • プレスリリース
  • (お知らせ)ドコモとクアルコム、世界初のsub6周波数帯による5Gキャリアアグリゲーションを提供開始-5Gならではの高速・大容量通信と速やかなエリア展開を両立-
2020.12.07

(お知らせ)
ドコモとクアルコム、世界初の
sub6周波数帯による5Gキャリアアグリゲーションを提供開始
-5Gならではの高速・大容量通信と速やかなエリア展開を両立-

株式会社NTTドコモ
Qualcomm Technologies, Inc.

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)とQualcomm Technologies, Inc.(以下、クアルコム)は、sub6と呼ばれる3.7GHz帯と4.5GHz帯の周波数を束ねるキャリアアグリゲーション(以下、sub6-CA)を本日2020年12月7日(月曜)から世界で初めて提供開始しました。これにより、5Gで日本国内最速の下り最大4.2Gbpsの高速通信を実現します。

イラスト:sub6-CAについて

sub6-CAはクアルコムの「SnapdragonTM 865」と「Snapdragon X55 5G モデム-RFシステム」を搭載している端末でご利用いただけます。3.7GHz帯と4.5GHz帯の周波数帯でそれぞれ100MHzの帯域幅を束ねることで、5Gの高速通信を可能にします。2020年9月からドコモでサービスを開始した28GHz帯に加えて、sub6-CAを活用しながら下り最大4Gbpsを超える高速通信が可能なエリアを展開していきます。

<sub6-CA対応機種12

  • Xperia 5 II SO-52A
  • Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A(2020年12月対応予定)
  • Wi-Fi STATION SH-52A(2020年度冬以降対応予定)

「クアルコム社との協業により、国内のドコモのお客さまに最も先進的で画期的なモバイル技術を提供することが可能となりました。これにより、ドコモのお客さまは優れたサービスの利用やわくわくする新しいモバイル体験をすることができるほか、産業界に革新をもたらす新たな技術を提供することで、日本でのモバイル通信の新たな時代を切り開くことに貢献していきます。」とドコモの常務執行役員(CTO)の谷 直樹は述べています。

「ドコモとともに、日本全国で5G技術を前進させ、加速させる取り組み継続して行えることを喜ばしく思います。5Gキャリアアグリゲーションのような躍進的な技術の活用を可能とすることで、日本全国の個人、法人のお客さまにより速い通信速度、より多くの通信容量、および高い信頼性を提供できるようになります。」とクアルコムのシニアバイスプレジデント兼4G/5G部門のゼネラルマネージャーのDurga Malladiは述べています。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

お気軽に
お問い合わせください

株式会社NTTドコモ

ネットワーク部 グローバルビジネス担当

お問い合わせはこちら